FEATURE

Ribcap - FEATURE

■ おしゃれだけではない、リアルスペックのヘッドプロテクター


リブキャップはFashion x Protectionをもとに、ファッション性と安全性を両立するヘッドプロテクターです。
リブキャップに内蔵されている粘弾性ポリウレタン素材は、低温に弱いポリウレタンをどのようにして冬場でも柔らかさを保つかをメインテーマとし、ウインタースポーツでも使用できるプロテクターの開発が2003年に始まりました。
実に2年の歳月をかけ、2005年に低温でも柔らかさを保てるポリウレタン素材が完成。 
ヨーロッパの安全規格「CE」や健康に無害な「OKEO-TEXRStandard100」規格を取得しています。
サイクリング、ウインタースポーツ、ゴルフ、トレッキングなど多くの野外活動やスポーツで世界中に愛用者が増加中。

プロテクターについて

・粘弾性ポリウレタン:V10-SAF

プロテクターについて
・粘弾性ポリウレタン:V10-SAF
帽子内に内臓されているプロテクターはスイスで開発された粘弾性ポリウレタン「V10-SAF」を使用。V10のプロテクター層とSAFのショック吸収層で構成。
「V10-SAF」には以下の特徴(特性)がある。
● 粘弾性ポリウレタンによりエネルギーの衝撃吸収。
● 保護効果は寒さと湿気の状態に付随しにくい。
● 軽量。
● 高い通気能力を有する。
● 無溶媒(無有害)

※Hardyのみ「V10」内臓。

・衝撃吸収率

フランスの大学で気温20度の時に2.9m、3.5m、4.5mの高さからの衝撃度を何もつけないで行った場合(棒グラフの青)とリブキャップを着用した場合(棒グラフの赤)でテストした結果、何もつけていない時よりも半分、またはそれ以上に衝撃を抑えられたという結果が出ました。その結果、脳に与えるダメージも抑えられているという報告も挙がっています。

素材について

・prestige schoellerR

撥水性、透湿性に優れた生地であることが認められており、世界中のアウトドア、アパレルメーカー商品で採用。

・nano sphereR

超撥水加工で、超微細表面加工は水滴やしつこい汚れをよせつけません。ナノテクノロジーをテキスタイルに応用したこの含浸加工は、ハイレベルな耐水性や自然のセルフクリーニング機能(植物の葉や昆虫の羽などのように水の力を借りてあらゆる種類の汚れを洗い落とす)と同時にその非常に優れた耐久性が特徴。

・COOLMAXREXTREME

肌に直接触れる部分に使用することにより快適性を実現。寒さの原因となる汗を肌から吸い上げ、外部に逃がして蒸散させることにより帽子内の頭が乾いていることになり暖かく過ごせる。

・リペアパーツについて

Ribcap 全モデル共通チンベルト(あごベロクロ)M、Lサイズをご用意しております。

注意

・ご注意点1

ribcapはヘルメットではなく、ヘッドギア等と同等のヘッドプロテクターに該当致します。(一般的な自転車保険で推奨されている自転車用ヘルメットの安全規格までは取得しておりません)

ribcapは傷害の絶対的な予防を保証するものではありません。

・ご注意点2

Ribcapはヘッドプロテクターとして可能な限り高い保護効果を有しておりますが、ヘルメットと同様な保護効果ではございません。レース競技への参加や激しいスポーツを行う際はRibcapのご使用はお避けください。

・保管する上でのご注意点

高温または高湿度の場所(車の中など)で保管はおやめください。

PAGE TOP