昭和インダストリーズ

昭和インダストリーズ


昭和2年に昭和ベル製作所として、スポークベルを生産開始。
昭和23年には昭和ベル工業合名会社と社名変更し、荷台やスタンドを開発、着手。
昭和40年代には後ろ子供乗せやキャリアをアメリカに輸出開始し、株式会社昭和インダストリーズへ社名を変更し、オリジナル商品の国内販売を開始。
平成に入ってからは中国に工場を作り、中国&日本工場がSG規格の子乗せ登録工場として許可を得たり、新基準に対応した製品開発に努める。 国産を重視したウッドワイヤーラックや簡単に整備できるDAX-110メンテスタンドなどスポーツ自転車や小径車向けの商品開発にも力を入れている。 

BRAND NEWS

2017/11/22
現在、ニュースはありません。

ITEM CATEGORY

PAGE TOP