EFFETO MARIPOSA

EFFETO MARIPOSA


元Vittoria & Geax tyresプロダクトマネージャー兼デザイナーのAlberto De Gioannini氏が2007年に独立をし、イタリア北西部に本社を構えて、現在でも主力商品のGIUSTAFORZAトルクレンチやCARBOCUT(カーボンカッター)をメインにスタート。
2009年頃にシーラント剤のCAFFELATEXを発表し、工具/ケミカルメーカーとしての地盤を築き上げていった。 
その後、SHELTERプロテクターの販売権取得やESPRESSOパンク修理剤など、ユニークかつ、実用的な製品のデザインや生産、販売をイタリアから世界へ向けて行う。 2014年の秋にイタリアとの国境近くにあるスイス ティチーノ州ルガノ市に本社と倉庫は移転し、強力チューブラーテープのCAROGNAを販売開始。 
現在、主力になった5つのFAMILYが揃った。  スイスに本社は引っ越したが、生産は引き続き、イタリアで行っています。

社名の由来はイタリア語やスペイン語で「バタフライエフェクト」。  同社の製品が作り出す小さな変化が自転車業界の大きな流れに影響するようになることを目標として命名。

BRAND NEWS

PAGE TOP