BMC

BMC


1986年にラレーブランドの組み立てや卸販売をする会社として設立。
1995年にラレーのライセンスが失うと同時にオリジナルブランドとしてのBMCが誕生。
スイス国内で革新的なマウンテンバイクのダンピングシステムやハイブリッドバイクで徐々に認知度が上がる。 
2001年には共同経営者だったAndy Rihs がBMC社を完全買収し、Phonakレーシングチームへのスポンサー契約をスタート。 一気にその名を世界へと広める。
2003年より海外輸出も開始し、日本へ上陸する。
その後、SLT、SLC、impec、SLRなどの時代を先取りしたフラグシップモデルを生み出し、ロードやMTBの両カテゴリーにプロチームを保有する唯一の自転車ブランドまで成長してきた。 
そして2011年には念願のツール・ド・フランス初総合優勝や2014-15年の世界選手権TTTで2年連続で1位と活躍するチームに最高級の自転車を提供し続けている。

BRAND NEWS

2018/09/29 BMCファン交流会 with BMC racing team 2018 チケット発売開始
2018ジャパンカップサイクルロードレース当日の10月21日(日曜日)の夜
クリテリウム会場近くにてBMCレーシングチームとファン交流会を開催致します。

好評を頂いた 「フリータイム制」 を今年も継続いたします。
昨年と同様、最初と最後の挨拶以外はフリータイムにさせていただきます。
10年以上ワールドツアーチームとしてトップカテゴリレースに参戦したBMCレーシングチームとして
最後の夜に、Webニュースや雑誌などでは見られない選手の表情を間近に感じていただける貴重な時間を、
美味しいお食事とともにぜひご堪能ください。
交流会会場:LAU LAU(らうらう) 栃木県宇都宮市簗瀬町1935-2  TEL:028-638-7393
販売期間:9/29~10/15 (目標枚数に達した場合、期間内でも販売を終了します。)
おひとり様 6500円(税込み) 最大3枚まで購入可
お酒も提供いたしますので、3歳未満のお子様はご遠慮ください。 また、未成年者のみの参加もお断り
させていただきます。

その他詳しい情報は、チケット販売サイトにてご確認ください。
チケット販売サイトはこちらより
2018/06/14 2017~2018モデル Timemachine01 リコール案内
TM01自主リコール・安全確認

現行のTimemachine01に付属する一部のフロントフォークに安全基準に満たないものが存在することが判明いたしました。2016モデル以前のTimemachine01/02や現行のTimemachine02は対象外となります。

皆様には、たいへんご迷惑とご不安をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

つきましては、今お使いの「Timemachine01」をお買い求めいただいた販売店、もしくは最寄りのBMC正規販売店で不具合箇所の無償点検を実施させていただき、必要に応じて、フロントフォークの無償交換を行います。

皆様には、多大なご迷惑とご不便をおかけしますが、どうか諸事情、ご理解をいただき、使用中の事故や故障を避けるためにも、お早目のご対応をお願い申し上げます。
2018/03/12 BMCロゴ入りワイヤー錠 新型入荷
前モデルより本体を大きくして、使いやすくなった「BMCロゴ入りワイヤー錠 Ver.2」
今回のモデルチェンジよりブラック(本体)/レッド(ワイヤー)の1色展開となります。

こちらから直接商品へ移動できます。

ITEM CATEGORY

PAGE TOP